にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 東海情報 にほんブログ村 教育ブログ にほんブログ村 環境ブログ
↑更新の励みとなりますのでよろしければクリックしてください〜

2014年11月29日 19:41

流行してるのはRS?溶連菌?インフルA

今年はインフルエンザの流行が例年より早いとか。

今年もこのページを見る季節がやってきましたね。

http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/2f/201447.pdf

県下の感染症情報が週替わりで掲載されています。

まぁ見たところで、手洗いうがいなど以外にやることはないのですが。
放送局によっては、目などを触らないようにとのメッセージが流れますね。
ドアなどに付着しているウイルスで、粘膜感染を防ぐということでしょうか。

他にも流行っている病気があるようで、気が抜けません。  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月29日 08:19

世界の遊び

こちらのエントリーは、ジャグリングの練習ができる公園でしたが、浄水北小学校では世界の遊びを体験できるイベントが12/14に開催されるようです。
大道芸でもお馴染みの皿回しや中国コマもあるようです。

販売もあるようで、中国コマ1800円を狙っています〜
キッズ用じゃありません、わたし用のちょっと早いクリスマスプレゼントです。

願わくば、いろいろな国の遊びを知って、その国のこと、そこで遊ぶ同世代の子達のことを思ってくれれば良いのですが。  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月28日 20:12

北小からオリオン座

冬になりこのあたりでも空が澄んで見える日が多くなりました。

用事で浄水北小に立ち寄りました。
正門付近からオリオン座がよく見えます。



周りが明るいので天の川は無理ですが、、、
大星雲は肉眼でもうっすらと見えています。



  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月28日 12:03

場所があると健全なスポーツ?

とある公園で発見した、長〜いベンチのようなもの。
よく見ると、角のエッヂの部分に金属板が。


これ、スケートボード用です。

ここでは公園の一角がスケートボード用に最初から作られているようです。


たしか階段の手すりもスケボー用に作られていたような、、、

みんなプロテクターをして、黙々と練習している姿は、どこからみてもアスリート!
カッコイイなぁ〜

スケボーというといろいろな問題もありますが、公式な「場所」があれば「安心・安全」に見えてしまう不思議。

里山もそうした場所を作って行ければ、、、  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月27日 20:11

街灯が設置されていました

校区の北側へと通じる道に街灯が設置されていました。




この通学路はすったもんだがありました。
街灯は、日没前までに下校するからそもそも不要と言われており、自治区も違うため難しいと言われていましたが、、、

日が短くなる時期には間に合ったようですね。
ありがとうございます〜
  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月27日 12:09

和紙が無形文化遺産に!

和紙が無形文化遺産になったとか。

紙の街で育ったワタシ。
幼い頃に聞いた、紙すき独特の匂いとリズムを思い出します。

すいた和紙はどんどん重ねていくのですが、なぜちゃんと後で剥がれるのか、未だに謎です。

小学校4年生の時、自由研究で古紙を再生した時にチャレンジしましたが失敗。生きてるうちに解明したい謎です。

ところで、学校林には回復緑地という、工事で使ったエリアを植林して元に戻す区域があります。

規定量は植えてあるそうですが、まだ隙間が。

コウゾを植えて、、、などと朝から妄想です。  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月26日 20:13

予防接種

インフルエンザの予防接種に行ってきました。

いったのは近所の小児科。

子どもと一緒に打ってくれるとかで、2度手間が省けます。
おまけに調剤薬局が院内処方とこれまた便利。



この年で注射あとにネコのシールを貼っていただきました〜
さすがにご褒美のシールはもらえませんでしたが、昭和の生年月日の入った小児科の診察券はもらえました〜  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月26日 12:06

勝手に紹介「あいちサトラボ」

カテゴリ:里山
ときどき遊びに行くモリコロパーク(2005年に行われた愛・地球博の会場)では、あいちサトラボという取り組みが行われているようです。

http://moricoro-park.com/shisetsu/satolabo/

なんか懐かしい風景ですね。

そういえば、子どもの頃、稲刈りの後の田んぼは遊び場だったような。
学校からの帰り道も田んぼを通れば近道できました。
でも遊んでしまうので、近道になっても時間は3倍くらいかかってましたが、、、

今はそんな風景も見かけません。

あの頃、大人の入れない、子どもだけの遊び場があちこちにあったような。  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月25日 20:12

津波は内陸部でも発生する?

東日本大震災で被災された方と直接話すと
「伝える」
ことがとても重要だと感じました。
「ちゃんと高台に避難したのに津波にのまれて亡くなった方が大勢いる。」
直接聞くとその言葉には重みがありました。

別の話では「どんな津波が来るんだろう。ちょっと見物してみよう」と、見物人が大勢おり、それが安心感を与えてしまったかも、、と。

大川小の現場は想像を絶していました。

「内陸に住んでいても転校や仕事や観光で海岸線に行くことがある」
と聞き、何らかの方法で全員が津波からの避難訓練をしなくてはと思いました。
現実的には難しいでしょうが、、、

あまり報道されていませんが、海岸から60km近く離れたところで濁流にのまれて亡くなった方が。

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105010178.html

http://www.bosaijoho.jp/institution/item_6700.html

「内陸津波」という言葉は初耳です。

さて、地震時を想定した里山での危険予知は何をすればいいのだろう、、、、?
  

Posted by 里山 │コメント(0)

2014年11月25日 12:03

活断層マップ(避難計画にも使える?)

先日長野県北部で発生した地震、被災された方々が一刻も早く普段の生活に戻れることをお祈りいたします。

その夜、突然鳴った地震速報。
「あと10秒くらいで震度3の地震が来るよ」と言われ(※緊急地震速報ではなく、弱い地震でも鳴るアプリが入っている)、でも体が動かず、、、

こちらは震度2でしたが、やはり訓練していないと身体が動かないですね。

この地震の原因については専門家にまかせるとして、「活断層」の位置は誰にでも公開されています。

自宅を購入する前に、その土地について調べるのはよくあることですね。
例えば「地名に水がつくと〜」とよく言われます。ただ地名はあてにならないもので、古い航空写真と見くらべると、小川を埋め立てた宅地などはよく見つかります。

そしてハザードマップも市役所などで入手できますね。東海豪雨では報道されていなくとも水浸しになった地区は沢山ありましたね。車を水没で壊したくないので見た記憶が、、

そして活断層マップ。
多少の断り書きがありますがこちらで無料で見られるようです。もちろん判明している分だけだったり、推定位置もあるようです。

まずこのサイト。
https://gbank.gsj.jp/activefault/index_gmap.html

その正確性ゆえか、ある尺度より拡大できなくなっています。

そしてこちらが本命。以前販売していた活断層マップ(推定含む)を無料で閲覧できます。
http://www.gsi.go.jp/bousaichiri/07_tokai.html

学校の真下や病院のすぐそばを活断層が走っていたりと、いろいろ怖いものを見かけます。

こちらの記事では
「活断層対策は断層上での建築を避けることしかない。」

とあります。耐震や免震は断層上では無意味ということでしょうか?

http://www.asahi.com/special/bousai/TKY201208310715.html

横須賀市では断層直上の建築を制限しているのですが、、
  » 続きを読む

Posted by 里山 │コメント(0)